日野ブルーリボンのメッキパーツをきれいにしておく
ホーム > 日野ブルーリボンのメッキパーツをきれいにしておく

日野ブルーリボンのメッキパーツをきれいにしておく

2016年12月06日(火)2:00 PM

日野ブルーリボンは、日野自動車の大型バスのラインナップの一つで、1951年以来販売されているという、とても長寿なモデルです。
歴史の中でいくつものモデル変更がなされていますが、どのモデルもその時代における最新技術とデザイン、アイディアが用いられていて、常に高い評価を受けてきました。
こうした信頼度の高さは、受注状況にも現れていて、大手のバス会社や市町村などとの取引が多く見られます。

それぞれの路線の状況に応じたオーダーメイドがなされていて、細かなパーツの変更や設備の導入がなされていることも多くなっています。
そのため、日野ブルーリボンという名称のバスであっても、車内は他のバスとかなり違ってみえるものもありますし、他にはない機能が付加されていることもよくあります。
もちろん、足回りやエンジンなどの基本的な構造は一緒ですが、それぞれのニーズにマッチさせた仕様が多いというのが特徴となっています。

そのため、使われているパーツもモデル、もしくはそれぞれの納入先によって異なります。
しかし、どのバスであっても、メッキパーツがいろいろな場所に使われているというのは変わりません。
というのも、メッキは樹脂や金属など、腐食しやすい材質を保護するのにうってつけですし、見た目上も印象的で使いやすい材質だからです。
それで、日野ブルーリボンのメンテナンスを行う際には、メッキパーツをどのようにして手入れするかということを考えるのはとても大事です。

バスの内外には、いろいろな大きさのメッキパーツがありますので、すべてのパーツをケアするのには時間がかかります。
しかし、メッキングを使えば効率よくメッキコーティングをすることができますので、メンテナンスも楽にできます。
メッキングを塗布して、専用の最鏡クロスで拭くだけの簡単作業ですし、すぐに乾くので短時間で済みます。
そして、このメッキングの良さは持続性の高さにもあります。
一年近くは効果がありますので、コーティングをすれば後々のメンテナンスもかなり楽になります。
お客様を快適に目的地まで送るバスをきれいにしておくためにも、この効率よく手入れができるメッキングを使ってみると良いでしょう。



«   |   »

メッキ手入れ

史上最鏡セットのご購入はこちらから

メッキングのご購入はこちらから

サビトリキングのご購入はこちらから

メッキパーツ相談室

イベント出展情報

メッキング&サビトリキングプレゼント企画7960円相当が抽選で1名様にプレゼント!

メッキ加工LINE見積はこちら

RSS メッキ工房NAKARAI

;