旧車史上”最鏡”を手に入れろ!?
ホーム > 旧車史上”最鏡”を手に入れろ!?

旧車史上”最鏡”を手に入れろ!?

ニューイヤーミーティングの会場でオーナーが試した ”最鏡”コンビの実力

オールド・タイマー Old-timerに掲載されました 2019年04号

ニューイヤーミーティングの会場でオーナーが試した ”最鏡”コンビの実力

サビトリキングの限界に迫る

メッキパーツは旧車の見映えを左右する大切な部品。だからこそ、こだわって美しく保ち続けたいもの。そこでお勧めなのがナカライのサビトリキングとメッキングだ。実際にオーナーに試してもらうとその効果は絶大だった。

美しく輝くクロームメッキパーツは旧車の華。存在感を高めてくれるポイントだけに、錆びたりくすんだりしたメッキでは見た目でやや損してしまうことになりかねない。オーナーならばさらなる輝きを手に入れたいと思うところだろう。だからこそ手入れは入念にしたものである。

そこでお勧めしたいのがナカライのサビトリキングとメッキングの「最鏡コンピ」だ。メッキには表面にミクロン単位のの微細な穴(マイクロクラック)が空いていて、そこに不純物や水が入る込むことでクロームメッキ自体が浸食されてサビを誘発する。また、穴がメッキ部分の下地の金属部分まで達している場合は、不純物がサビを誘発する。

メッキにサビが発生してしまったら、サビトリキングの出番。通常のサビ取り剤ではキズが付いたり、メッキ剥がれが生じたりするケースがあるが、サビトリキングはクロームメッキ専用のサビ取り剤なので、メッキを守りつつサビを効果的に除去できる。

表面のサビを取り除いたら、仕上げにメッキングを施工する。細かい粒子のガラスコーティング剤で、微細なマイクロクラックをふさぐことによって、不純物を寄せ付けない。だから耐食性が一気に向上するというわけだ。また、クロームの光沢剤も配合しているので、クロームメッキ独特の輝きが増し、まさに美しい鏡のような仕上になる。そこでその効果を確かるために、ニューイヤミーティングファイナルの会場でオーナーに最鏡コンビを実際に試してもらった。1968年式トヨペットクラウンに乗る赤倉久雄さんは、メッキパーツについて特段何もケアはしていないとのことだったが、バンパーの一部に施工してみるとサビが減って輝きが増した印象だ。施工による効果が実際に確認できた。

愛車をキレイにしたいというのは旧車オーナーにとっては永遠の夢。その一助になることは間違いなしである。

 

オールドタイマー

■旧車用【史上”最鏡”セット】

■価格 9,940円
■内容
・MEKKING
(史上最鏡クロス 2枚含)
・SABITORI KING×2個
(汚れ拭きクロス特大ハーフサイズ 1枚含)
サビトリキング用特大クロス1枚(今だけ無料!!)


愛車の美観を保護せよ!

旧車ベストマッチ ケミカル探検隊

旧車ケミカル探検隊

 

メッキはデリケートな皮膜

旧車を美しく維持するには、つねに日ごから洗車やボディーコーティングなどの手入れが必要不可欠。それに加え、旧車に多く使われているクロームメッキパーツのメンテなんも重要だ。メッキが光輝いていると、ボディ全体の美しが一段と増すからだ。だが、メッキをウエスなどでゴシゴシと磨くのは逆効果。クロームメッキは金属の表面を覆う0.002~0.5μの非常にデリケートな皮膜。それを力任せに磨いてしまってはすぐに傷が付き、最悪の場合は剥がれ落ちてまう。かといって、ほっとおいてはメッキ表面が劣化とてしまう。目には見えないが、メッキ表面には最大で8ミクロンほどの穴が無数にあいている。そこに水分やゴミがたまるとサビが発生し、点サビとして表面に出てくるからだ。この点サビをどう取り除くか、そしてどう防ぐかがクロームメッキの美しさを保つ秘訣であるのだが、そんな悩ましいクロームメッキの手入れに最適のケミカルがある。それがメッキ工房として知られるナカライが発売する「サビトリキング」だ。このケミカルは目つきの「サビ取り」に特化しているのが特長。メッキに反応せずにサビにだけ反応する薬剤が含まれ、またメッキの剥離や変色が起これにくい成分構成になっている。付属の専用ケミカルを用いて実際に磨いてみると、あれよあれよという間に点サビが落ちていき、さらには頑固な赤サビまでも落ちていくのがわかる。クロームメッキに優しい研磨剤も含まれているため、表面がより美しく仕上がるものポイント。ちなみにステンレス(鏡面は除く)やアルミメッキ、樹脂メッキ面にも使用可能で、ステッカーのカスや塗装汚れを落とすクリーナーとしても機能する。一度は試してみてほしい

メッキをさらにコーティング

サビを落ちたからといってそのまま放置すれば、また点サビが発生してしまう。それを防ぐのが、同じくナカライが発売しているガラスコーティング剤「メッキング」だ。前述のように、メッキ表面にはミクロン単位の穴が無数にあいている。メッキング塗布することでその穴を埋め、さらにメッキ表面に空気や水分の浸透を防ぐ、ガラス系の強固な皮膜を形成する。それにより、メッキ内部でサビが発生するのを抑えるのだ。成分中に光沢剤も含んでいるので、メッキの輝きがさらに増すという嬉しい効果もある。使用方法は付属の専用クロスに少量をつけ、ひたすら薄く伸ばしていく。メッキング塗布後5~10分ほどで硬化が始まるため、厚く塗ってはしまうとかえつて曇ったようになってしまう。また塗りすぎると「虹ムラ」を発生させる原因にもなるので、慎重に作業するのが望ましい。硬化後は市販のホックとは別物のツヤと輝きが得られる。試しにそのまま1週間放置してみたが、光沢は確かに持続。メッキングの効果を確かめに実感したのである。これならば防錆効果も十分期待できるだろう。旧車の輝きの要であり、その手入れにも気を遣うクロームメッキパーツ。「サビトリキング」とメッキングは、面倒なその手入れをラクに、楽しく行うことができる。なにより、施工途中にぐんぐん輝きが増すメッキを眺めていると、めんどくさい輝きの作業がとても楽しい作業に思えるから不思議だ。せびともこの効果を体感してほしい。

 

それでもまだ購入に踏みきれないあなたのために!

必ず当たる抽選会実施中!

メッキング&サビトリキングが当たるキャンペーン

メッキング&サビトリキング

1等メッキング・2等サビトリキリング・3等お試しサビトリキングが当たる!

応募フォーム 

下記項目は、すべて入力必須項目ですので、よろしくお願いします。
氏名:姓: 名:
メールアドレス:
確認用メールアドレス:(←確認のためもう一度入力してください。)

 

☝こちらのフォームより応募いただけますと抽選結果を送らせいただきます!

 

再メッキ加工も承っております。

サビトリキングをしても腐食がとれない場合は、再メッキしか再生不能という結論になります。

弊社はバンパーはもちろん、ドアハンドル等のアンチモパーツの再メッキパーツも承っております。

 

詳しくは→旧車の再メッキ参考画像

 

メッキ手入れ

史上最鏡セットのご購入はこちらから

メッキングのご購入はこちらから

サビトリキングのご購入はこちらから

メッキパーツ相談室

イベント出展情報

メッキング&サビトリキングプレゼント企画7960円相当が抽選で1名様にプレゼント!

メッキ加工LINE見積はこちら

RSS メッキ工房NAKARAI

;