日野リエッセ・エッセ2の室内メッキパーツを効率よくメンテナンスする
ホーム > 日野リエッセ・エッセ2の室内メッキパーツを効率よくメンテナンスする

日野リエッセ・エッセ2の室内メッキパーツを効率よくメンテナンスする

2016年12月02日(金)2:00 PM

日野リエッセ・エッセ2は、日野自動車が製造、販売しているバスで、小型バスもしくはマイクロバスの範疇に入ります。
1995年に登場したシリーズで、いろいろなタイプのバスが販売されています。
都市部での使用を想定した、小回りの利く小さ目のサイズのものや、通常の路線バスで使われるサイズのものなどがあります。
公共機関のバスで使用されることが多く、路線バスの中でも安定したシェアを確保しています。

それぞれのニーズに合わせてオーダーメイド、もしくはカスタマイズが行われていて、室内環境がより整えられたもの、独特のデザインを施されたものなどが走っています。
日本国内で使用された後、中古車として発展途上国に輸出されることも多く、世界各国でこの日野リエッセ・エッセ2を目にすることができます。
耐久性がありますので、年式が古いものでもかなり良い状態で走っており、中古車市場でも比較的高い値段で取引が続いているという状況が見られます。

日野リエッセ・エッセ2には、いろいろなところでメッキパーツが使用されています。
外装ではライト周りや、一部のモデルのバンパーなどくらいですが、内装においてはシート関連部品や、窓枠、手すりなど各所にメッキ加工が施されています。
バスの室内のパーツは手に触れられることが多いので、手入れを怠るとメッキにサビが来やすくなります。
メッキは腐食に強いとはいえ、水分や塩分、油などに触れ続けていると、どうしても下地の金属からサビが発生してきてしまうのです。

そこで、NAKARAIのメッキングなどのメッキ手入れ用品を使うと良いでしょう。
日野リエッセ・エッセ2の室内は広く、メッキパーツも多いので、すべてのパーツを手入れするのは難しいように思えるかもしれません。
しかし、メッキングはコーティング剤を付けて、専用のクロスで拭くだけという簡単な手入れが可能になっています。
そのため、効率よく素早くメンテナンスができるというメリットがあります。
このように短時間で行えますので、毎日の忙しいスケジュールの中にも、メッキ手入れの時間を取ることが可能でしょう。
また、持ちが良いので、一度塗布してしまえば何か月も効果があるというのもうれしいところでしょう。



«   |   »

メッキ手入れ

史上最鏡セットのご購入はこちらから

メッキングのご購入はこちらから

サビトリキングのご購入はこちらから

メッキパーツ相談室

イベント出展情報

メッキング&サビトリキングプレゼント企画7960円相当が抽選で1名様にプレゼント!

メッキ加工LINE見積はこちら

RSS メッキ工房NAKARAI

;