キャストホイールのメッキパーツコーティング加工
ホーム > キャストホイールのメッキパーツコーティング加工

キャストホイールのメッキパーツコーティング加工

2017年01月24日(火)2:00 PM

バイクのホイールの原料で有名なのがアルミニウムです。
アルミニウムの特徴はとにかく軽いことです。
バイクを軽量化するためにはアルミホイールが欠かせません。
アルミホイールの製造方法には鍛造と鋳造があります。
鋳造タイプの代表格がキャストホイールです。
キャストとは鋳造を意味するダイキャストから取られています。
キャストホイールはとても丈夫なのでハードな走行にも十分耐えられるだけのポテンシャルがあります。
スポークタイプのアルミホイールにはキャストホイールが多いのが特徴です。
キャストホイールの原料は前述のアルミニウムに加えて鉄やマグネシウムが含まれています。
そのため経年劣化によりサビが生じることがあります。

お客様の問い合わせで時折あるのがキャストホイールのサビ取りやメンテナンスです。
一度サビがついてしまうと繰り返し発生する可能性が高いので、定期的なメンテナンスが必要になります。
メンテナンスは簡単そうに思えますが、これが結構大変です。
スポークの付け根部分にサビが発生してしまうと、取り除くのが大変だからです。
表面をメッキ加工している場合、サビが目立ってしまうためみっともない状態になります。
サビ以外にもくすみが生じることがあります。
くすみを磨くとくすみがない部分との違いが目立つのでかえって見栄えが悪くなってしまいます。
そんな時にお客様にオススメしているのがメッキングによるコーティング加工です。

キャストホイールにメッキングする場合は、他のメッキパーツとのコントラストを考えて施工する必要があります。
場合によっては樹脂部分にメッキパーツコーティング加工を施すこともあります。
他のメッキパーツと一緒にコーティング加工すれば、サビやくすみが目立たなくなりますし、その後のメンテナンスがとても楽になります。
メッキングをする際はNAKARAIのスタッフが施工するので、仕上がりはバツグンです。
樹脂部分にメッキパーツ加工をするというとイメージがわきにくいかもしれませんが、メッキ溶剤をまんべんなく吹き付けるとメッキ加工をしたとは思えないほど美しくなります。
まるで本物のアルミを削り出して装着したかのうような印象になります。
バイクのサビ落としやドレスアップにNAKARAIのメッキングをおすすめします。



«   |   »

メッキ手入れ

史上最鏡セットのご購入はこちらから

メッキングのご購入はこちらから

サビトリキングのご購入はこちらから

メッキパーツ相談室

イベント出展情報

メッキング&サビトリキングプレゼント企画7960円相当が抽選で1名様にプレゼント!

メッキ加工LINE見積はこちら

RSS メッキ工房NAKARAI

;