日産アトラスのメッキ部品を輝かせるためにできること
ホーム > 日産アトラスのメッキ部品を輝かせるためにできること

日産アトラスのメッキ部品を輝かせるためにできること

2016年10月31日(月)2:00 PM

日産アトラスは、小型、中型サイズのトラックで日産自動車が製造、販売しています。
モデルによって大きさが異なりますが、大まかに分けると1トンクラスと、2から4トンクラスとに分けることができます。
汎用性が高いのが特徴で、宅急便などの運送用車輌として用いられることも多いですし、工事用車輌としてのシェアも高くなっています。
パワーがあるにも関わらず、取り回しがよく経済性も高いので、いろいろな業界で注目されているトラックです。
新車はもちろんのこと、中古車市場でも人気があり、状態の良い日産アトラスはさほど値段が落ちずに購入されています。

いろいろなモデルチェンジが時代に応じてなされてきていますし、オーナーの要望に応じてオーダーメイドもなされていますので、日産アトラスと一口に言っても、たくさんのタイプがあります。
基本的なエンジンや足回りの構造は一緒ですが、架台のシステムやデザイン、運転席の雰囲気などはずいぶん異なります。

最近のモデルにおいては少なくなっていますが、日産アトラスでも様々なところでメッキパーツが装着されています。
フロントグリルやバンパー、ライト周り、サイドミラーなどが主なパーツです。
こうしたパーツは、どうしても水に当たりやすいですし、汚れが付きやすい箇所です。
それで、しっかりと手入れをしていないと、サビが生じやすいという問題があります。
メッキは水や油、ホコリによってサビが生じてしまいますので、しっかりと毎回汚れを落とすとともに、ケアを怠らないようにしましょう。

メッキパーツのメンテナンス方法としては、NAKARAIのメッキングを塗布するという方法が効果的で簡単です。
メッキングを数滴垂らして、付属の最鏡クロスを使って拭いていくとメッキ表面に保護膜が出来上がっていきます。
この膜が水や油を強力にシャットアウトしてくれますので、サビの心配をしなく済むようになります。
また、メッキ本来の輝きが一層増しますので、日産アトラスのデザインの良さが引き立つでしょう。
トラックは会社の顔とも言うべきものですので、きれいな状態を保って、良い印象を周りに与えられるようにしましょう。
企業のアピールにもなることですので、こうした点も考えてメンテを行いましょう。



«   |   »

メッキ手入れ

史上最鏡セットのご購入はこちらから

メッキングのご購入はこちらから

サビトリキングのご購入はこちらから

メッキパーツ相談室

イベント出展情報

メッキング&サビトリキングプレゼント企画7960円相当が抽選で1名様にプレゼント!

メッキ加工LINE見積はこちら

RSS メッキ工房NAKARAI

;